昔からクセ毛に悩み続けていた私…

2016-07-17_095409

小さいときからクセ毛に悩まされていました。大きくカールしていてパーマのように見えるタイプのクセ毛なら、オシャレに見えて良かったかもしれません。しかし私の場合は小さく縮れてしまうクセ毛で、まるで髪の毛を焦がしてしまったかのように見えるタイプでした。そしてそれが髪の毛全体ではなく、何故か所々縮れているのです。部分的にクセが出てしまっているようで、真っ直ぐなところもあれば、縮れているところもあるという不思議な髪型をしていました。

小学校高学年にもなると、幼いながらに美意識というものが生まれてきます。髪の毛を伸ばして可愛い髪型にしたいと常日頃から思っていたのですが、伸ばせば伸ばすほど縮れが目立って仕方ありません。ストレートパーマをかけて髪の毛を真っ直ぐなツヤツヤロングヘアにしようと試みたこともあったのですが、小学校・中学校とカラーやパーマが禁止されていたので親に止められてしまい願いは叶いませんでした。

そんな私が初めて夢のロングヘアになれたのは高校に入学したばかりの頃です。「高校生になったら絶対にストレートパーマをかけるんだ!」と心に決めていた私は中学3年生の半ばくらいから髪の毛を伸ばし始めていました。縮れが目立つので、毎日結ばなければいけないのが本当に面倒でした。しかし「これを我慢すればもう少しで綺麗な髪の毛になれるんだ。」と思うと毎日髪の毛を結ぶくらい、全く苦になりませんでした。

初めてストレートパーマをかけたとき、まるで自分の髪の毛ではないような感覚に陥りました。生まれて初めてあんなにサラサラな髪の毛になれて、本当に嬉しかったのを今でも覚えています。それから定期的に美容院でストレートパーマをかけて貰うようになり、毎日オシャレをするのが楽しくて仕方なくなりました。クセ毛から解放されただけで、こんなに自分に自信が持てるようになるとは思わなかったです。

カテゴリー: 髪の毛の悩みについて パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です